どーした?はどうもしてないだけ

どーした!?出てこい!怖いのか!!寒いのか!?
アイディアもっと出てこい!!もっと降り注げ!!
とか言っててもアイディアは出てこない。

アイディアは降ってくるものだと言うけれど僕はアイディアは見るものでもあると思う。
あいつ等はこっそりと景色の中に隠れていて木の枝のとこにいたり缶の飲むトコの溝にいたりする。だいたい全員タイツでうつ伏せに寝ていて見つけても絶対に「見つけられた!!」って顔をしない。だけどチラッとこっちを見て一応確認めいたことをしている。(例えだよ?わかってるよね笑)ちょっとずれた。

例えば、苦しい時に、それでも前向きに、とか希望を捨てずに。というがあれは間違っていると思う。何にもないのに前向きには出来ないし希望もない。感情の持ちようだけで体はついていかないし、がむしゃらにもがいても余計に絡まる。
向きって内から変わる事で向いていくものだと思う。ものの見方をどうにかでも変える(変わる)事が出来て、それが前向きという形にもなるし、時には後ろ向きという形にもなる。視野が変わって初めて絶望に光が射すし、過ちに気がつく。「走らねば!やらねば!ネバーギブアップ!」とだけ言うのは観念向き~だ。。クッパの炎避けながらずっっと硬直状態じゃピーチ姫が死ぬってもんだ。笑。時間もない!(マ、マリオ出てきた!?)

社会の中に需要と供給ってあるけどそれは体や心の中にもあって欲するのと与えるバランスがある。ピーチを助けに行く試練なマリオにはそれでもちゃんと試練を越える為のキノコやコインや1upが用意されているってもんだ笑。
というわけでスーパー人類ブラザーズクリアしていきましょうw
[PR]
# by santaotarti | 2007-03-05 23:50 | ゼロ次元から

ヘッドフォーン

バラードの中では
やかんさえ悲しく見えて
スイングの中では
小指さえ可愛らしく思える
テクノの中では
夜空でさえカラフルに見えて
ロックの中では
体さえ不自由に思える

僕は選曲できる自由を
とてもありがたく思うのだけれど
およそ80年分の長いレコードに
針と溝がこすれて
ぐるぐる回る宇宙に
たまにどうしようもない気持ちになる

けれどそれも
振動が生み出す
微少ノイズ
デジタルリマスター
マイナス3秒からの
有り得ない始まりでもきちんと音楽を聴ける事に変わりはない。
[PR]
# by santaotarti | 2007-02-28 03:21 | 詩から

今日の笑えた2つの小話

まず1つ目は満員電車。まぁいつ見ても笑えるけどいい大人が「駆け込み乗車お止め下さい」と言われているのに突っ込んでいく様。その足で家や会社に行き子供や部下を教育している。
そういう矛盾を感じずにはいれなくて見かけると笑ってしまう。忙しいとは思いますがそういう事に気付いてみるのも良いでしょう。きっと笑えて次の日から突っ込み方が少し変わるでしょう。
ニートが突っ込んでいくならまだ分かる気がする。笑

2つ目はパソコンでダウンロードした曲があり、聴いてみると4分間女のあえぎ声が入っていたというもの。最初は演出かと思ったが何の変化もなく(変化と言えばその女の快楽度だけ、笑)曲が終わった。で、i-tunesのシャッフルで聴いていたのでいきなり次のROCKな曲が始まりそのギャップに笑ってしまった。(だって「そこ!もっと!強く!」という声の後いきなり次の曲の軽快なギター音)
その曲名は「やさしい歌」というタイトルだった。笑

どちらも変態的な都会が生み出した産物でしょう。
うまいミートボール食いてぇなぁ!!笑
[PR]
# by santaotarti | 2007-01-27 02:00

言葉のナチュラルカーブスピン

言葉だけが突っ走って
時代のナチュラルカーブに差しかかる

吹っ飛んでもわかりはしない
気付くのは後の僕等が行った時

グチャグチャになった言葉を見て
何を想うだろうか?

いや ハンドル切って先へ行く
もしくはつまんで路肩に捨てる

次のナチュラルカーブ
標識ないので
生身の俺が これでもかと スピンした

ルーラルララ ルーラルララ
ラーラルルル ラーラルルル
[PR]
# by santaotarti | 2007-01-15 23:38 | 詩から

イメージ日記「鬼の土下座」

鬼が土下座している。泣いてはないようだ。顔面を地面すれすれまでつけているがその顔はちょっと不本意だ。横に金棒が置いてある。きっと土下座する前にちゃんと置いたんだ。その方が不本意だ。

でも謝りに行って何故金棒も持っていったのだろう?あわよくば逆切れしようと思ったのだろうか。それより、とある流れで謝らなければいけない状況になってしまったんだな、と考えた方が自然だ。

普通土下座は両手を広げて地面につくのだが彼はグーにしている。
爪が長いからだ。長い爪を相手に向けるわけにはいかない。ここから鬼の謝罪の真剣さがわかる。負けを認めたゆえ、の態度だ。
気づいたが、足の裏が黒い!
裸足で生活してるからだろう。

鬼は膝の砂を手で、手の砂を膝で振り払って帰っていった。途中、1本の木を思いっきり金棒で1回叩いた。思わず眉間にシワがよる。
だけど、冷静になって裸でシマシマパンツのまま謝っていた自分を思いだしてフフと笑った。
そして改めて強い気持ちで金棒をチラリと眺めた。

イメージ日記でした、笑
[PR]
# by santaotarti | 2007-01-15 01:47

だいどう

俺!!今日自販機で当たった!!
卵が割れて!
ひよこが3匹そろった!!
親鳥の姿は見えなかった!!
流産じゃなくてよかった!!
たぶん!!
みんな元気に生まれたからもう一本もらえたんだ!!

今日!
卵が割れて!
3匹そろった!!
DyDoってしっかり書いてあったけど、
よろこんどけ!!

けど明日買ったら
真ん中の卵
また空っぽで
親鳥はおらず!!
世の中そんなに甘くない。コーヒーは甘いけど。

って事で、笑。
[PR]
# by santaotarti | 2006-12-19 00:36

たわいもない話

信号が青の時って暗くなっている赤の部分や黄色の部分ってほとんど視界に入らないじゃないですか?ああいう時に消えてる色のトコ見ると妖精が見えるってのが今ちょっとした噂になってて俺もこの前見たら、じ~っくり見たらほとんとにいた。消えた赤のトコに2匹。で、なんかしゃべっている。

「声が・・でらんくなった・・・」
「えっじゃあ魔法つかえんがね。」
「・・魔法つかえんかも・・。」
「えっでも少し声でとるがね。」
「が・・でも無理なんよ。」
「えっけど声でとるよ。」
「いや、話・・すと長くなる・・けどねぇ・・・」
「あっ、赤になるよ、飛ぼ。」
「・・あうん。」

で、黄色から赤に変わる時どうなるかなぁって見てたら次の瞬間、信号機の上にカラスが二羽とまっている。「あぁ、なんだや、片方の奴、普通に魔法使えるがや。」って俺も思って。いや、俺は思ったけどあの片方の奴もおもっとるかはわからん。けどあのフォークの奴は

フォーク!?

俺なんでフォークって言ったや!?

で、同時にカラスが鳴いてカーという。それが俺には車のcarに聞こえて寒気がして。。。でもそれに気付いた俺もちょっと、考えらないけんなぁって反省させられたんですよ。


たわいもねぇなぁ。ほんとどうしようもねぇなぁ。ってね。この文章含め、笑
さーて寝よ寝よ。
[PR]
# by santaotarti | 2006-11-27 00:45 | 首都から

IN TOKYO

東京に帰ってきました。

アパートの外の柱が新しく塗り直されていて(そういえば8月に上に住んでるおじさんが塗装とサビが剥がれて落ちてきて危ないと不動産に申しつけていた)新しくなって良かったと思ったが根本的に家がボロなのでそれよりも部屋の窓を支える柱が若干歪んだな、と確認する。笑

突然だけど、光って音を出しているんじゃないかと思う。昼と夜って明らかに静けさが違う。
や、まぁ昼はみんな活動する時間だから雑音があるのは当然だけど。でも光で目覚めて鳴く鳥もその音は結局光が鳴らせているっていえるんじゃない(屁理屈?)
ま、おいといて、家の電気を消すのと付けているだけでも静けさは違う(と、僕は感じる)。たまにするのだけれど何かこう頭がもやもやっとする時、光を遮断してみると頭がすっきりしていくような感がある。

光に誘われて自分を見失っている人もいるんじゃないかと思う。TVやPCやコンビニの光を浴びて過ぎてね。都会で何となく孤独感を感じてしまう原因は実は光の過剰摂取だったりしてね。光のささいなうるささに体が慣れて。

や、ほんとにあるよ、「光うるせぇー!!!」って時。笑。そういう時は昼でも夜でも電気とか消しまてみましょう。同時に省エネ!!www
[PR]
# by santaotarti | 2006-11-23 01:14 | 首都から

ユーラシア写真館

さてさて、写真が出来上がったのでいくつかアップしときまーす!!
思う存分哀愁を感じてください、(哀愁ではないが笑)。

ユーラシア写真館
[PR]
# by santaotarti | 2006-11-14 23:33

にほん

昨日、日本に帰ってきた。
予定よりもちょっと早い旅路でしたがなんだかんだでユーラシア大陸横断は成功に終わりました。計16っカ国。

今日は2ヶ月間剃らなかったあごひげを剃った。
ヒゲの中に思い出が見えた(大嘘)

地球儀を眺めながら通った道を確認。
実際の名前と微妙に違う地球儀にちょっと笑うw

そして、昨日駅まで迎えに来てくれた母いわく
「あんた達が乗ってきた時、悪臭がした。」
だそうです。

なので入念に体をゴシゴシ洗った、笑。
[PR]
# by santaotarti | 2006-11-10 01:06 | 平らな日から

INDIA

こんにちはみなさん。今インドまで到着しました!はるばるヨーロッパのイギリスからwww

昨日はホテルで一晩中蚊に食われてほとんど寝れませんでした、笑。
まぁといっても至って元気で(1回気絶したw)のん気にタバコをフカフカしては「あっついなぁ」
と言っています。(もう10月中旬なのにまだまだ暑くて夏っぽい、そして埃っぽい・・・)

アジアはやはり「臭い・汚い・不便」の3拍子ですがそれはそれでとてもよい刺激であり
「日本じゃ絶対ありえねへぇぇ」と笑うかちょっとキレるかのどちらかです。
まぁそのかわりにおもろい人が星の数だけいておもろいこともやまほどある。
自分の尻を手で洗うことにももう完全慣れた、爆!!

これからはうまくいけばインドでしばらく過ごしてそのあとネパール(ヒマラヤふもと越え)して
チベット(中国)に入り上海まで帰るつもりです。で!フェリーで帰国!
インドはさすがコンピューター大国だけあってしかっり日本語で打てるのがありがたい。

それではみなさんもよい秋を!
[PR]
# by santaotarti | 2006-10-20 23:16

GERMANY

I'm in GER.
tomorrow,I will go to venezia.


tannoshi----------------------!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
# by santaotarti | 2006-09-14 04:42

矛盾と表裏と浪漫と

今週の一言
若い衆が「かわいい系」「おねぇ系」など、~系ぇぇ、とだらしなさそうに曖昧に答えているのを見て「最近の若いモンは・・」と嘆く人々に一言。

僕等の住んでいるところは何と呼ばれていますか?

答え。
「太陽系」

e0057458_13069.jpg


笑。という事実!!しいては「銀河系」と呼ばれている始末!!おもしろいですねぇ、やはり人は何を言ったか?というよりも誰が言ったか?ということに関心が向いているようです、笑。人はこういうところで非常に不平等ですねぇwww歴史はいつも狼少年が創り上げるのですねぇ(違う)

そう、太陽系という話が出たところで今夏の夕日をアップしときます。横に光る夕線が何とも銀河系な超新星爆発を起こしているかのようw。夕日って同じ太陽なのに何故か太陽らしくない寂しい感じを出して・・・でもあれは思うに生命体の照り返しが太陽に1日当たった結果の「憂い」を見ているのではないでしょうか?

今日はロマンチックに終わりましょう、(浪漫)
[PR]
# by santaotarti | 2006-08-30 01:41 | 山から

ロックンローラーはボサノバに傾けない

ロックンローラーはボサノバに傾けない。
それは心がロックなものを求めているから。
いつも居場所と心は関係している。

例えば飯が食いたくなったら台所
おしっこ漏れそうになったらトイレ
眠くなったら布団くらいに人生も適材適所につけたら
といってもいろいろあってお漏らしばかりだ、笑

でも場所を間違えているのは結構悲惨。
眠たくてトイレ・・・
「や、俺はここにいることに意味がある」なんか格好良く言っても
便座にすがりついて寝られては邪魔だし疲れも取れない。
それは笑われ役のピエロの方が合っている。

開拓者は荒れ地に行け
怠け者は寝室に行け
信者は教会へ行け神社へ行け
開発者は工場へ行け
科学者は宇宙の見られる場所へ行け
登山家は大いなる自然へ行け

我慢していた尿をトイレで放出する時僕は思う。
「あ~、幸せ」
でも立ちションの方が適所だけれど、笑。
[PR]
# by santaotarti | 2006-08-25 02:24 | 詩から

実家!!

島根に帰って5日が経ちました。いやぁ~遊びすぎて濃い!!
平和!山!海!セミ!ヒグラシ!カエル!ヘビ!クワガタ!流星!天の川。
この辺は都会じゃなかなか見れませんねー、天の川が見れるんだよ、なんて情緒!

お盆明けて皆さん仕事で忙しいと思いますがわたくしはこれから100連休です、笑。
9月からは盟友norlyと共にイギリスへ行きそのあともう一人の盟友村長と共に陸路で日本に帰郷する放浪の旅に出かけます。まぁユーラシア大陸横断だわなwww。

今日は帰ってきてから初めて予定もなく家で過ごしています。でも今から車を借りに行ってきます!出かける用事はないんだけど。レンタカータダだって、笑。あ~平和www。

山の青さに倒れそう。心臓の裏側をコチョコチョされる気分ですw。でもたぶん都会で過ごしているから余計にそう感じるんだろうな。あ~蚊に刺された足がかゆいわぁ~笑。
[PR]
# by santaotarti | 2006-08-17 12:47

現実的に

最近生活的なことを書いてないので生活的なことを。

ここんところず~っとバイトで休んでない。しかも昼夜連続で働くし昼・夜・昼と立て続けに働く時もある。そろそろ体にガタ来るかなと思っているが今ん所、一向に元気だ、笑。

別に体が疲れることはまだいい。そりゃそうだもん。
しかしここんところよく寝る。俺の中にある生活的ビー玉は今働くことに傾いているwww

逆さまになっている三角錐の上にビー玉があってそれをゴロゴロ回すように過ごしたい。
そうじゃないとなんかカチカチになりそう。自分の場合、仕事しまくっていると、アホな考えとかがうかばんなってくる。あと、アホな事を見つけにくくなる。なんかアンテナが1CHしか傍受さん、みたいな風にwwwまぁアホっていってもいろいろ広いけど、笑。

と言っても後一週間もすればビー玉はめちゃめちゃぐるぐる回り出す。
それまではめちゃめちゃ働く!!!!けどまあ日記をかけてるんだからまだ詰まる程でもないかな。
[PR]
# by santaotarti | 2006-08-02 20:17 | 平らな日から

急がば回れ。思えば記しとけ。

まぁ地球の上にいるとしよう。まぁ草むらの上にいるとしよう。
左にはアスファルトがあってその先行くと遠くにビル群が見える。前には獣道があってその先行くと森がある。右側には石階段があって登ると神社がある。後ろには絶壁があって落ちると地獄がある。

いや実はこれらは見えていない。つまり闇なのだ。真っ暗闇の中にいる。そこが始まり。
とりあえず匂いや地面の感覚を頼りに進む。「なんかこっちよさそう」「快適な場所へ」「新たな境地へ」運の悪いものはちょっと怖くて後ずさりして落下する。まぁそれもよし。そのうち誰かが叫ぶ。「後ろ絶壁!!!」だんだんと周りの視界が晴れてなんとなくいろいろとわかってくる。誰かが進んだ分だけ見えてくる。それがとりあえずの目標「視界の時代」。

時間が経ってだいぶ見えた。もう地平線がみえる。でもまだちょっと遠く遠くは少しだけ暗いかな。いやはやこれだけ進んだのか。我々は素晴らしいな。しかしそのうち競争が始まった。見えるから競う。蹴って谷底に、蹴られて谷底に。

変換は突如起こる。「進むだけではない!」驚愕の発言。
その場で家を建てだした。神社で祈りだした。森で動物から降りて殺しだした。
「快適な場所を」「新たな境地を」
眼が変わった。スロットみたいに眼が回って「眼阿修羅時代へ」

よしよし、だいぶ次元を超えてきたぞ。思ってみると我には心があるな。
次の変換へ。「怖いとはなんぞ!」驚愕の発言。
絶壁に向かって飛んだ。受動的にしか向かうはずのない絶壁に能動的に飛んだ。
「快適とは?」「新境地とは?」
心のためのお休みやタバコやドラッグがつくられた。眼阿修羅時代はどんどん潜在的に。
何でもかんでも制限のタグが外れて「いってみようやってみよう時代」突入。
前向きに前向きに。しかし重心がない前。無重力で言う「前、行け!前!」

そして、これからどうなるのだろう。しまいにまぁ地球とされているものを破壊してしまうかもしれない。しかしそれが次の変換なら文句は言うまい。気持ち悪いものが気持ちよいに変わる可能性は否めない。僕らは純に求めたのだ。生まれて死んだのだ。僕らのふがいない気持ちややるせない思いは簡単に大きな純に呑まれる。太陽がここまで発展した地球をそのうち何の感情もなく呑み込むように。問題は儚いではない。ここまで発展した僕がいずれ死に何の感情もなく呑まれるように。時間がいずれ明日に呑まれる様に、空気がいずれ肺に呑まれる様に。

が、しかし。今はちょうど「いってみようやってみよう時代」なので「前、行け!前!」なのであった。君も飛ぶかい?純という名の深淵へと。いつでもどこでも「進むのは我、悟るのは彼」
[PR]
# by santaotarti | 2006-08-01 05:24 | どこかから

ひとり

あなたは何人いますか?
「はい、私は1人しかいません。」
1人しかいないことをどう思いますか?
「え?どういうこと?」
ほら、うれしいとか、たのしいとか、かなしいとか、さみしいとか。
「え?何とも思いません。」
何か思うでしょ?
「1人だと思います。」
だからそれがどう思うの?
「え?なんかおじさん怖い。」
僕の事じゃなくて!!君が1人についてどう思うかだよ!!
「うぅぅ、うぅ、怖いよー!この人。おじさんはどう思うの?」
僕はねー、うれしいよ。
「なんで?」
1人しかいないから。
「それだけで?」
それだけで。
「変なの。」
変じゃないよ、地球にこの僕は僕しかしかいない。なんて素晴らしいことなんだ!!
「おかしいよ。」
まだまだ君は浅いね。生まれてきた意味を知っていない。
「言ってることがわからん。」

7月28日
きょうもぼくはひとりでした。
あしたもたぶんひとりです。
ひとりってそんなにいろいろかんがえることでしょうか?
それよりぼくはあしたなにをしてなにをたべてなにをみるかということが
たのしみでしょうがないです。ひとりについてぼくのこころはちっともうごきません。
だからおじさんはへんだとおもいます。このまえかなしんでいるおねえさんもみましたがそれもへんだとおもいました。おわり。
[PR]
# by santaotarti | 2006-07-28 04:01 | どこかから

火曜嘘日記から発展日記

今日は銀座に用事があったのでブランドショップが並ぶビル群を通り過ぎる。
ウインドウには冴えない表情のマネキンがそれぞれの個性的な服やバッグを持ってそれぞれの味を覆いながら皆一様に立っている。ふと立ち止まってみる。目の入っているマネキンか、なかなか珍しいな。でもよく見ると目尻の方にヒビが入っている。「んっ?」

次の瞬間パリパリパリとマネキンが裂け始めた。うっ中に何かがいる!!
「ドーン!!!!!!!」マネキンの右手が割れてモジャモジャの紫の手が突き上げられた。
マネキンは割れて紫のモジャモジャが出てきた。「う、うわー!!何だー!?」思わずのけぞる。

「ぅぉ俺ぇ、ぃ野獣ぅう。」モジャモジャが言う。「ぅぉお前ぇ、どぅ誰れぇ?」
マ、マ、マ、マネキンから野獣!!!!
マネキンから野獣出たっ!!!

♪ッテッテテレレッテッテテレレー

『マネキンから野獣』
制作:サンタオターティ
出演:紫のモジャモジャ、緑のモジャモジャ、赤のカッサカサ、無地のタプンタプン、画一化のマネキン、潮時のコオロギ、山肌のおっさん、キクラゲの母、無想兄と夢想弟、エロスの神ネピア、ほか。

嘘日記だけどもしかしたら制作するかも知れません。笑
[PR]
# by santaotarti | 2006-07-26 01:57 | 首都から

爆笑と痛み

あははははは!!!
ぶひゃひゃひゃひゃ!!
わっはっはっは!!
あー腹いてぇ!ひゃーはっは!!腹!はら!ひゃはは!あー腹!はらいてぇ、死ぬ、し、し、あーははは!!うへっ・・ゴホッ!!あー。あーあー。

落ち着きました、笑。(ここはただのプロローグみたいなもんで)

最近ねー寝付きがかなり悪い。というか布団に入って寝ようと思ってもなんか興奮状態にあって「あ、ねれんな」と思って電気を付けてしまう。そして絵を描いたり粘土をこねたり。興奮が何であるかというと、こう、布団に入ると「あ、こんな方法で描いてみたらどーだろー」とか「こういうものつくりたいなー」とか考えてしまって興奮してしまう、笑。で、起きて時が経つ。
ま、良いことなんだけれど。もうなんか明日が仕事だけん寝らな、とかいう心境にどうしてもなれない。それで結局ちゃんとした形には出来ずに朝になってしまうとかありますけどね。

一個思うことがあって些細な悩みって意外と自分が先頭立っていればついてくるもんなんだなーと。悩みはつきんかもしれんけど悩みに越されんようにすればなんかこう他の物事もついてくるというか。まぁ強いて言うならば「ひじ鉄」状態ですかな(なんだやそれ)

あ、もう二時だ!寝よ寝よ明日も早いけん、笑。

痛!いったぁ~、いてぇ、あーいて!いったいわー、つぅーいて、痛い痛い!いっ!ひひひひ!いたったったった!いひひひひ!
(ここはただのエピローグみたいなもんで)

あまりに痛いと笑う。
笑いすぎると痛い。うまいことできとるwww。
[PR]
# by santaotarti | 2006-07-25 02:26 | 106号室から

いつつのし

「こどくのうなずき」

彼が彼女がうなずいて
ぼくはあんしんするのだろうか?
帰った後に宿題を開いたら
全然わからない
それはそうだ
ぼくはうなずいてはなかったもの


「ドラマティック」

ドラマティックなテレビを見て
思わず笑ってしまうが
それ以上に実はじぶんが
ドラマティックだったりする
そんな時 きみもまがおだ

「せつめいしょまにあ」

せつめいしょをもった人が
てきかくにしじする
そのとおりにつくって
さいごにバキンとおったら
あわをふいてたおれた
あーおもしろい

「ひらめき」

みんな
いっしょうけんめい
いろんなことに
ひらめこうとする
もう
ひらめきの
せんそうだ

ひらめきではだれにもまけないと
このひらめきはだれにもわたさないと

「せかい」

おれはだれだときみにきく
あなたはあなた
わたしはだれなのとおれにきく
きみはきみ
わたくしはだれとわたくしにきく
とたんになやみだす
あなぽこせかい
いいじゃないですか
[PR]
# by santaotarti | 2006-07-22 06:24 | 詩から

崩壊したジグソーパズルのデッサン

e0057458_3355280.jpg

いや、デッサン力はないんですけどね。
でもねー、僕絵を書く時は何も参考にしません。何かを見ながら描くと言うことはほぼない。
だってそういうものって生活の中で十分見ているからね。
だから絵は下手くそ笑。唯一描いている時見るものは思い出や記憶やうやむやのこう頭の上の方だったり目の奥の方だったりタンスの角、笑。
最近絵ばかりで日記書いてないなぁwww。
[PR]
# by santaotarti | 2006-07-21 03:36 | ターティギャラリーから

心のデッサン

e0057458_20514243.jpg

人と牛の置物だよ笑(自分ではそう見える)
[PR]
# by santaotarti | 2006-07-18 20:51

前衛昔話

昔々あるところが、おじいさんもおばあさんもいました。
(昔々、比喩的な意味でおじいいさんとおばあさんが混在する状態だった。)
おじいさんも芝刈りに、おばあさんと川と洗濯と行きました。
(おじいさんは二番煎じで、ゼウス的能力をもって何もかも支配した。)
おばあさんと洗濯もしているが、桃にドンブラコッコドンブラコッコが流れてきました。
(おじいさんは複雑な心理下にあるが、抽象的な心の桃は運命によって押し上げられた。)
おばあさんも桃を拾って家に持ち帰り、切ってみるが小さな男の子は出てきました。
(おばあさんも見過ごせない心の桃を家に持ち帰り、切ってみるがタブーの象徴である男の子が出てきた。)
おじいさんへおばあさんと桃から生まれた桃太郎が名付けました。
(おばあさんと桃太郎はおじいさんに何か中傷的なあだ名か何かを名付けました。)
桃太郎のすくすく育って大きくなりました。しかしおじいさんがおばあさんと悩み事とありました。
(桃太郎のどこかがすくすく育って大きくなった。ここで何故か「おじいさん おばあさんと 悩み事」という禁欲的な歌が歌われた。)
「鬼ヶ島は鬼も村も金品も奪い取ってこまっているのじゃ」
(押しつけるように自然のせいにして、クスリで家族がおかしくなった。)
桃太郎の鬼ヶ島へ鬼退治は行くことも決めました。
(グチャグチャのハイファイになったけど2つ決めごとをした、ということは見えざるものが確認した。)
も~もたろさんもっもたっろさん おっこしへつけたきっびだんご~ ひっとつ~わったしのくっださいな~


続く、笑。次回「桃太郎、犬の猿がキジの仲間へ加える」(どんなだや?笑)
いやぁ実にくだらん。
[PR]
# by santaotarti | 2006-07-15 09:37 | ヒッピーの種から

理解可能??

人間ってね、というか生物全般に言えることだけどもとても不思議だと思います。
だってね、だってね、精子と卵子が合体して1人の人が生まれてくるんだよ!!

理解ができん・・・。1+1=1なんだよ。
命ある者も細胞が60兆あるとして、60兆=1なんだよ!!
いやまぁでもね、自分=1って考えるのもどうだろうと思う。意識は1コ。それは本当かはわからん。自分が死んだら意識はどうなるのだろうと思うのだけれども水も蒸発してなくなっても気体になっているだけという考え方出来るしね、もしかしたら「繰り越し」されて死んだ途端誰か違う奴の意識としてもう生きているかも知れないし。じゃあそれまで生きとったそいつの意識はどこいったや?と聞かれても「いや、精子と卵子みたいに1+1=1になった」ともいえるしねw。
例えばそれが偶然だったりしたらおもしろい。良いことも悪いことも含めて。誰かに入られて意識が増えた瞬間だったりしたら(増えてはないけどね)。
いずれにしろ精子と卵子、別物が合体して一個のわがままな栗坊主が(笑)生まれてくるんよ。

あとね、あと、不思議なのが「男女雄雌がうまい具合に生まれてくる」コレ不思議!!
宇宙には簿記機能があるとしかおもえん。筆記係がおる(数え間違えんなや)!
や、というか生命の中に連続する為に必要なものがあるんだねきっと。
日常にも連続する為に必要な仕事・・・お金・・・ローン・・・連ドラ・・・明日のデート・・・
連続に必要なものがそろっている、笑。

まっ、ま、こういう理解できないものが根底っていう所がとてもいじらしくもあり可愛らしいのだけれども笑、死ぬまでに理解してやろう!とそんなに思わずにむしろ理解できんもんを見つけて騒いで「世の中ち~ともわかりませんでした。」と胸を張って死にたいw。
宇宙のリンクを理解のスケート靴を履いてすっころんで「なんでだやー!」と怒っても仕方ない。。頭で滑ってやる。笑
[PR]
# by santaotarti | 2006-07-04 19:41

絵2

e0057458_14134130.jpg

[PR]
# by santaotarti | 2006-06-27 14:14

e0057458_3385073.jpg

[PR]
# by santaotarti | 2006-06-27 03:39

木曜嘘日記

今日は起きたら天気が眩しいので散歩へ出る。
トコトコ道を歩いていると鎖につながれたペットをしきりに引っ張っている人がいた。
「どうしたんですか?」聞いてみる。
「ん~、出てきてくれないんだ。」
どうやら道路脇の土管の中にペットが入ったまま出ないようだ。中を覗いてみるが暗くてよく見えない。
「出てくるの待ちましょうよ?」聞いてみる。
「イヤだ。絶対またない!!」断固として言う。
「引っ張るのかわいそうじゃないですか?」と言うと主人は「何故?」と顔を曇らせた。「ペットも生きているんですよ。」「当たり前だ。」

主人は思いっきり鎖を引っ張った。すると土管から大量の血が飛び出してきた。僕は恐ろしくなって主人の引っ張る手を止めようとする。主人は「やめろ!!お前の手なんか借りない!!」と更に引っ張る。
「死んじゃいますよ!!」と叫ぶが「死ぬもんかー!!死ぬもんかー!!」と強引に引きずり出す。血は大量に地面に流れ鎖は主人の方向に動きだした。ズルズルズル!!「死ぬもんかー!生きろー!!生きているんだー!!」ッズルズルズル。「オメーが引っ張ってるから血がでてんだろー!!」僕は叫ぶ。「死んだら俺も死んでやるぞー!!怖くない!!出てこいー!!」ズルズルズルー。僕はあっけにとられてもう意味がわからない。「お前が死んであひまえー!!」・・・・・。

ペットは大量の血と共に土管から出てきた。心臓しか繋がっていなかった・・・。主人は笑みを浮かべていた。僕は青ざめた。
すると主人が言う。
「やっと出てきた僕の心臓。」 「はっ?」
「心臓。僕の。」       「はぁ?」
「僕の心臓ちゃん。」     「はぁぁ!!!??」
主人はニコニコ笑って心臓を引きずりながらテクテク日差しの中を歩く。
後ろから鎖につながれた心臓と共にジョギングするさわやかな女性。
地面にぶつかってはダンプダンプ跳ねている。
でっかい心臓を撫でながら歩くおじいちゃん。
いきなり小林一茶に肩を叩かれて
「心臓を さらして歩く 心意気」と歌われた。太陽が笑っていた。

嘘日記今日はおしまいw
[PR]
# by santaotarti | 2006-06-22 09:28

夜の魔物が棲む部屋

昨日は家で兄ちゃんと焼き肉をしながらサッカーをみていた(松木安太郎の発言にいちいち二人で笑っていた)。彼はおもしろい。
久しぶりに家で焼き肉をした。なのでちょっと焦げたもやしを食べた瞬間、実家で家族と焼き肉している記憶を思い出して「なつかしいもやしの味だ」と感じてしまった。最近いろんな場面で小学生や中学の頃を思い出すことが多い。しかもそれはだいたいが音や味覚や匂いといった記憶から思い出して場面が浮かぶ。ビールを飲んでそのまま寝ていた。

ビールを飲んでそのまま寝ていた。
そうビールを飲んでそのまま寝ていた。
これがアルコールの唯一嫌いなところ!!!

床に入って寝るまでの時間。この時間は自分にとってかなり貴重な時間。
何をするわけでもなくひたすら妄想思想空想にふける時間。子供の頃から寝付きが悪いのでひたすら思いを巡らせるしかなかった。習慣というか。
昔は何故か悪いことばかり考えていて「もし泥棒が入ってきたらどうしよう」と1人で汗だくになったり、「あしたおばあちゃんが死んだら」と1人で泣き崩れたり(アホ)、時に精神的興奮を起こして気付けばすずめが鳴きだしていたなんて事もしばしあるのでそのまま寝ちゃうなんて事は嬉しい一面もあるがやはり何か悲しい。歯磨きをしないで寝てしまったという罪悪感のような・・・。

友達にもそんな風に夜の魔物の棲む部屋に向かう人は多いのでなんとなくこの気持ちわかるでしょう!!気持ち悪いと思う人もいるかも知れないが(確かにキモイ笑)夜はやはり狂気と色気と邪気をはらんでいるのものだと思う。酒気帯びではなかなかそこに入れないのだwww。

しかし最近明け方に眠る為日差しが邪魔して窓越しに元気を浴びるばかりです、笑。
[PR]
# by santaotarti | 2006-06-19 18:02 | 平らな日から

繰り返し録画

僕というテープは繰り返し録画。
繰り返されることを恐れない。

入れて出され見られ入れられ時代を生き抜く。
時代に沿って深化していく、進化していく。

彫られ削られ伸ばされ巻かれ
時代の意志にリモートコントロールされる。
マクロな流れに従順に沿って荒んでいく、遊んでいく。

生まれたばかりの青画面。
もう3次元に上乗りされてどこにもいない。

設定されて 予約され 受信完了 録画済み
巻き戻されて 早見され 再生完了 ほぼ用済み

あっという間に僕は老いぼれて
人生というテレビの中に
流血したテープを絡まらせるが
強引に引き出されて役目を果たす。

あぁ、無常の3倍録画。

テープを人生に例えてみました。笑。
[PR]
# by santaotarti | 2006-06-18 09:37 | 詩から


ヒッピー漂流教室から


by santaotarti

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山から
爆発者から
ターティギャラリーから
美術館から
首都から
106号室から
深夜の窓から
魔の巣から
朝から
ゼロ次元から
記号から
家族から
仕事から
他人から
平らな日から
喫茶店マスターの手記から
ヒッピーの種から
嘘八百から
どこかから
白昼夢の調べから
4コマ教室から
詩から

以前の記事

2011年 07月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

お気に入りブログ

隣のドアへ

最新のトラックバック

Animal sex t..
from Animal sex tub..
Celebrities ..
from Free nude cele..
Zoloft overd..
from Zoloft orgasm.

ライフログ

千原兄弟のDVD

プロペラを止めた、僕の声を聞くために。


バッファロー'66


金字塔


宇宙


ファミコンミニ レッキングクルー

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧