<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

矛盾と表裏と浪漫と

今週の一言
若い衆が「かわいい系」「おねぇ系」など、~系ぇぇ、とだらしなさそうに曖昧に答えているのを見て「最近の若いモンは・・」と嘆く人々に一言。

僕等の住んでいるところは何と呼ばれていますか?

答え。
「太陽系」

e0057458_13069.jpg


笑。という事実!!しいては「銀河系」と呼ばれている始末!!おもしろいですねぇ、やはり人は何を言ったか?というよりも誰が言ったか?ということに関心が向いているようです、笑。人はこういうところで非常に不平等ですねぇwww歴史はいつも狼少年が創り上げるのですねぇ(違う)

そう、太陽系という話が出たところで今夏の夕日をアップしときます。横に光る夕線が何とも銀河系な超新星爆発を起こしているかのようw。夕日って同じ太陽なのに何故か太陽らしくない寂しい感じを出して・・・でもあれは思うに生命体の照り返しが太陽に1日当たった結果の「憂い」を見ているのではないでしょうか?

今日はロマンチックに終わりましょう、(浪漫)
[PR]
by santaotarti | 2006-08-30 01:41 | 山から

ロックンローラーはボサノバに傾けない

ロックンローラーはボサノバに傾けない。
それは心がロックなものを求めているから。
いつも居場所と心は関係している。

例えば飯が食いたくなったら台所
おしっこ漏れそうになったらトイレ
眠くなったら布団くらいに人生も適材適所につけたら
といってもいろいろあってお漏らしばかりだ、笑

でも場所を間違えているのは結構悲惨。
眠たくてトイレ・・・
「や、俺はここにいることに意味がある」なんか格好良く言っても
便座にすがりついて寝られては邪魔だし疲れも取れない。
それは笑われ役のピエロの方が合っている。

開拓者は荒れ地に行け
怠け者は寝室に行け
信者は教会へ行け神社へ行け
開発者は工場へ行け
科学者は宇宙の見られる場所へ行け
登山家は大いなる自然へ行け

我慢していた尿をトイレで放出する時僕は思う。
「あ~、幸せ」
でも立ちションの方が適所だけれど、笑。
[PR]
by santaotarti | 2006-08-25 02:24 | 詩から

実家!!

島根に帰って5日が経ちました。いやぁ~遊びすぎて濃い!!
平和!山!海!セミ!ヒグラシ!カエル!ヘビ!クワガタ!流星!天の川。
この辺は都会じゃなかなか見れませんねー、天の川が見れるんだよ、なんて情緒!

お盆明けて皆さん仕事で忙しいと思いますがわたくしはこれから100連休です、笑。
9月からは盟友norlyと共にイギリスへ行きそのあともう一人の盟友村長と共に陸路で日本に帰郷する放浪の旅に出かけます。まぁユーラシア大陸横断だわなwww。

今日は帰ってきてから初めて予定もなく家で過ごしています。でも今から車を借りに行ってきます!出かける用事はないんだけど。レンタカータダだって、笑。あ~平和www。

山の青さに倒れそう。心臓の裏側をコチョコチョされる気分ですw。でもたぶん都会で過ごしているから余計にそう感じるんだろうな。あ~蚊に刺された足がかゆいわぁ~笑。
[PR]
by santaotarti | 2006-08-17 12:47

現実的に

最近生活的なことを書いてないので生活的なことを。

ここんところず~っとバイトで休んでない。しかも昼夜連続で働くし昼・夜・昼と立て続けに働く時もある。そろそろ体にガタ来るかなと思っているが今ん所、一向に元気だ、笑。

別に体が疲れることはまだいい。そりゃそうだもん。
しかしここんところよく寝る。俺の中にある生活的ビー玉は今働くことに傾いているwww

逆さまになっている三角錐の上にビー玉があってそれをゴロゴロ回すように過ごしたい。
そうじゃないとなんかカチカチになりそう。自分の場合、仕事しまくっていると、アホな考えとかがうかばんなってくる。あと、アホな事を見つけにくくなる。なんかアンテナが1CHしか傍受さん、みたいな風にwwwまぁアホっていってもいろいろ広いけど、笑。

と言っても後一週間もすればビー玉はめちゃめちゃぐるぐる回り出す。
それまではめちゃめちゃ働く!!!!けどまあ日記をかけてるんだからまだ詰まる程でもないかな。
[PR]
by santaotarti | 2006-08-02 20:17 | 平らな日から

急がば回れ。思えば記しとけ。

まぁ地球の上にいるとしよう。まぁ草むらの上にいるとしよう。
左にはアスファルトがあってその先行くと遠くにビル群が見える。前には獣道があってその先行くと森がある。右側には石階段があって登ると神社がある。後ろには絶壁があって落ちると地獄がある。

いや実はこれらは見えていない。つまり闇なのだ。真っ暗闇の中にいる。そこが始まり。
とりあえず匂いや地面の感覚を頼りに進む。「なんかこっちよさそう」「快適な場所へ」「新たな境地へ」運の悪いものはちょっと怖くて後ずさりして落下する。まぁそれもよし。そのうち誰かが叫ぶ。「後ろ絶壁!!!」だんだんと周りの視界が晴れてなんとなくいろいろとわかってくる。誰かが進んだ分だけ見えてくる。それがとりあえずの目標「視界の時代」。

時間が経ってだいぶ見えた。もう地平線がみえる。でもまだちょっと遠く遠くは少しだけ暗いかな。いやはやこれだけ進んだのか。我々は素晴らしいな。しかしそのうち競争が始まった。見えるから競う。蹴って谷底に、蹴られて谷底に。

変換は突如起こる。「進むだけではない!」驚愕の発言。
その場で家を建てだした。神社で祈りだした。森で動物から降りて殺しだした。
「快適な場所を」「新たな境地を」
眼が変わった。スロットみたいに眼が回って「眼阿修羅時代へ」

よしよし、だいぶ次元を超えてきたぞ。思ってみると我には心があるな。
次の変換へ。「怖いとはなんぞ!」驚愕の発言。
絶壁に向かって飛んだ。受動的にしか向かうはずのない絶壁に能動的に飛んだ。
「快適とは?」「新境地とは?」
心のためのお休みやタバコやドラッグがつくられた。眼阿修羅時代はどんどん潜在的に。
何でもかんでも制限のタグが外れて「いってみようやってみよう時代」突入。
前向きに前向きに。しかし重心がない前。無重力で言う「前、行け!前!」

そして、これからどうなるのだろう。しまいにまぁ地球とされているものを破壊してしまうかもしれない。しかしそれが次の変換なら文句は言うまい。気持ち悪いものが気持ちよいに変わる可能性は否めない。僕らは純に求めたのだ。生まれて死んだのだ。僕らのふがいない気持ちややるせない思いは簡単に大きな純に呑まれる。太陽がここまで発展した地球をそのうち何の感情もなく呑み込むように。問題は儚いではない。ここまで発展した僕がいずれ死に何の感情もなく呑まれるように。時間がいずれ明日に呑まれる様に、空気がいずれ肺に呑まれる様に。

が、しかし。今はちょうど「いってみようやってみよう時代」なので「前、行け!前!」なのであった。君も飛ぶかい?純という名の深淵へと。いつでもどこでも「進むのは我、悟るのは彼」
[PR]
by santaotarti | 2006-08-01 05:24 | どこかから


ヒッピー漂流教室から


by santaotarti

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山から
爆発者から
ターティギャラリーから
美術館から
首都から
106号室から
深夜の窓から
魔の巣から
朝から
ゼロ次元から
記号から
家族から
仕事から
他人から
平らな日から
喫茶店マスターの手記から
ヒッピーの種から
嘘八百から
どこかから
白昼夢の調べから
4コマ教室から
詩から

以前の記事

2011年 07月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

隣のドアへ

最新のトラックバック

Animal sex t..
from Animal sex tub..
Celebrities ..
from Free nude cele..
Zoloft overd..
from Zoloft orgasm.

ライフログ

千原兄弟のDVD

プロペラを止めた、僕の声を聞くために。


バッファロー'66


金字塔


宇宙


ファミコンミニ レッキングクルー

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧