<   2005年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

日記

「なんか窮屈。窮屈じゃぁ!!!」
今日は起きたら分離していた。部屋は人で溢れかえってる。全部俺だ。「もう・・・」
いろんな俺が独立していた。仕方なくみんなを起こす。まずは『寝起きの悪い俺』から起こす。
「起きろー!!」
「ん~、ムニャムニャ。」
「こら、起きろー!!」
「うっるせー!!朝からどなってんじゃねぇ!!!」
振り返ると『怒りやすい俺』がすごい見幕でコチラを見つめてる。お前の方が声デカイじゃん・・・。その奥では『悲しい俺』が朝から怯えて泣いている。その横では『無機質な俺』が「インド、ドイツ、ツ、ツ、ツールドフランス」と浮かない顔でしりとり。「もう・・・」

台所ではなにやらガチャガチャ。行ってみると『ちゃんとした俺』が朝飯作ってた。
「もうちょい待って。オムレツ出来るから。」その横では『ひたすら蹴りたがる俺』がトイレのドアをけっている。あーあー。「蹴るのやめやー、トイレ行かせて」ドアを開けようと思ったが鍵かかってる。
「ごめ~ん、腹痛い・・・。」あぁ、『病弱な俺』がトイレに・・・ふぅ・・・。部屋もどろ。
部屋では『その俺凶暴につき』『マゾな俺』の背中を鉛筆でカツカツ刺している。
「バカー!死んでしまうだろ!」俺が言う。「もっと刺してやる、こうか、こうか。」凶暴が言う。「うぅぅ、もちょっと下の方刺してくれ~」マゾが言う。「あ~っ!!どいつもこいつも収集つかんっ。」
そうすると『悩む俺』『野次馬な俺』が近寄ってきて「でしょ?でしょ?悩むでしょ?」と。
バリーン!!割れる音。「えっ、何!?」な、なんと『理解不能な俺』がガラスを突き破って外に飛び出した。理解不能・・・。バリーン!また!?見ると、『流される俺』がまんまと流されて真似してた・・・。
「ギャー!!気が変になりそう・・・。ま、ま、待てよ。いったい何人いるんだ?」パーカーを着て外へ。「あぁ、やばいやばい。」『悪い俺』がコンビニで万引き。『おしゃべりな俺』がオバチャンとしゃべってる。『変態な俺』が全裸。『体育会系な俺』がサッカー。『文学的な俺』が木に向かって俳句を詠んでる。うううぅぅぅあぁぁぁぁぁぁ。もうわからん・・・・。
すると、さっそうと歩いてくる俺が。あれは『天才的な俺』だ。ちょこっと耳打ち。そして、「コレを読め」と言う。
そして、さっと帰っていく。ん、なんだ?読んでみるか。
「みんな、元に戻れー!!!みんな元に戻れー!!」
すると、俺は1つに戻っていく。最後に『許す俺』
「もっとみんなを受け入れてやれ」といって俺は元通りに。そんなぁ・・・。
元に戻った理由は、どうやら俺が、
『統括する俺』だったみたい。
俺はたくさんいる。みんなにもいる。終わり。
[PR]
by santaotarti | 2005-12-30 18:46

鏡と影

子供の頃影が自分についてくるのが不思議で何度も逃げようとした。
アスファルトに指を当てると影のひとさし指と重なってしまうのが何か嫌で高速に指を動かしたけど影はついてきた。おかしいくらい1ミリもぶれずについてきた。
ジャンプして自分の頭を踏んづけようとしたが今度は影の頭の方が逃げていく。仕方なくこっそり身をかがめて頭を踏んづけた・・・。靴裏とアスファルトに挟まれた影は僕が立つと同時にベロンと剥がれないかなと願った。

子供の頃歩けない場所を歩きたいと思った。例えば天井、例えば雲。アニメや妖怪はすらすら歩く。なんで俺はあるけんの?そこで、思いついた。
大きな鏡の面を上に向けて自分の目の下に。目の下に水平に置かれた鏡を覗くと上の視界がそこに移る。やった!!天井を歩ける。僕は家中の天井を歩き回り、夢の雲の上まで歩くことが出来た。青空を歩くのはこんな気分かぁ。でも、そのせいで地面のデコボコに気づかずに小さな傷も負った・・・。僕の影も消えた消えた。

生きていく中には「絶対ついてくる影や絶対道のない場所」の様な障害が多数ある(自分にとってはね)。
でもそこを越えるのは不可能なことではないと思う。夢の中で雲の上を歩いたとしたら、それはリアルよりもリアルだ。
自ら光れば影もなくなる。太陽に影がない様に。

そういう風に、困難に対してどう化けてくぐり抜けていこうか。
楽しみであり、不安である、笑。
[PR]
by santaotarti | 2005-12-29 21:08

特別日記

今日も起きて顔を洗う。いつも水で洗っているので今日はなぁ・・・・・・・・。

ここから先は衝撃的な内容なので先に進める方だけどうぞ。。。

僕という人間を許してくれる方だけどうぞ。。。

続き
[PR]
by santaotarti | 2005-12-29 04:36 | どこかから

遺伝子

「あなたは真実を求めて生きていますか?」

こう聞かれたらあなたはどう答える?
「いや、まぁ」「特に・・・」「えっ?何だって?」「たぶん」「それより明日の飯だ。」「かっこわる。」
様々な答えが聞けるでしょう。僕は

「う~ん。で、何の?」
と言います。

真実って何?
何がみえるん?どうなれるん?どうなってしまうん?痛い?

シーン1
絶滅させられた生物

痛くなるのが飛んできた。最後の1匹が最後の2匹目に問う。
「で、その痛いのって何だや?」
「いや・・・わかぁらん・・・痛いの俺に飛んできた。」
「まだ・・まだ・・痛いのがたぶん体にはいっとる・・・。」ガク
「痛いのって何だやー!!」最後の一匹が言う。
ドキュ~ン!!バタリ。。。

シーン2
神とは?

人は助けを乞う。神に。しかし、答えてくれずに悔やんで死ぬことに。
「神は、何故私を見捨てた?」
死んだ男の前に死神と神が出てきてこういった。
神「お、れ、だった?」
死神「お、れ、の事、じゃなかった?」
神、死神「ま、まちがえた!!」

シーン3
哲学ップル

女「愛してる?」
男「あぁ。、愛してるよ。」
女「もっと愛して!!」
男「こんなに愛してるさ!」
女「どれくらい?」
男「それはもう、地球ぐらいさ。」
女「潰れちゃうじゃない、バカッ」


果たして僕等にあらゆる真実は分かるだろうか?笑。
[PR]
by santaotarti | 2005-12-27 05:14

ターティ絵を描きました

e0057458_4403583.jpg

高さ100の横幅150くらいかなぁ~。
クリックしたら、もちょっと綺麗にうつるよ、ダンナ。
[PR]
by santaotarti | 2005-12-26 04:42 | ターティギャラリーから

日常を変えてみよう

朝起きる。
本をたたんで押入にしまう。

朝食
もっぱらブラックコーヒーを飲みながらつっぱり頭にバターをつけてかじる。

お出かけ
今日は街に繰り出そう。新車のカレー皿に乗って飛び出した。

繁華街
中心に着く。映画を観る為にサランラップを買う。受付に切ってもらって中へ。

映画館
やっぱ映画はいいね。巨大プリンに映像が映しだされるトコがいい。

昼食
マックにて青山冬の3点セットを購入。靴下から食べる。

スーツ
スーツが欲しかったので青山へ。チキンフィレオセットがあり試着してみることに。

三時のおやつ
小腹が空いたのでコンビニにてプッチンスクリーンを買ってプッチンする。簡単に出るね!

余り
さすがにお腹いっぱいになったので映画券で包んで保存

献立
今日の夜はカレーにしよ。新しく買った自転車に盛りつけて食べよう!

繁華街
繁華街を出る。うわ~不良がいるよ~。みんなパン頭をジェルで固めてる。長げ~な~。


もう夜かぁ。本棚から布団を開いて読んでいるとなんだか眠くなってきた・・・。
[PR]
by santaotarti | 2005-12-26 00:11 | 嘘八百から

特製エロ・グロ・ナンセンス入り滑稽まん

今日はお酒を飲んでピザを食べた。誕生日プレゼントになんと『春画』を頂いた。
昔から欲しかったので大感動!!

え~『春画』とは室町・江戸時代あたりのいわばエロ本みたいなもんです(歴史はあまり勉強していません、ごめんなさい)。wikiで検索してみて。
性器などがリアルにしかも西洋のものより大きく描かれています。
それをくれる友達がなによりおもろいんだけど(norlyです。正体は。笑)

僕は何と言ってもエロ・グロ・ナンセンスなものが好きです。何故かと言えば僕はこの3つの要素で育ってきたからです。というよりも80年代前後に生まれた人はきっとそうなんです。メディア、日常にはいつもこの3つの内のどれかがあった。というか溢れていた。
チャラララン~

「あの、純粋肉まん1つ。」
「当店では販売しておりません。」
「じゃあ、あれは売ってんの?。」
「あれ・・・ですか?・・・扱っております。」
「じゃあそれ一つ。」
「少々お時間頂ければお作り出来るかと。」
「まだ扱ってる店あるんだね。」
「だいぶ入手困難ですけどね。この時代。PTAがうるさくて」

僕は何かをつくる時にこの3つを大事にします。たいがいどれかは材料に入れます。でも、このまま出してはただの変態ヤローです。失敗作です。だからココに滑稽の生地を包んでやるのです。もちろんすべって失敗する時もあります。身が床にバラけて冷ややかな目で見られます。

「ご用意できました。」
「おー、ホッカホカ。」
ムシャ。
その時、僕はエロ・グロ・ナンセンスという言葉を忘れて、感覚で半分理解してゲラゲラ笑うことが出来る。その時、僕は、後ろ向きで歩きながら進化出来るのです。
今日も滑稽まんを探す。終わり
[PR]
by santaotarti | 2005-12-25 00:50 | どこかから

クリスマスの歌

真っ赤なお鼻の~
トナカイさ~んは
いっつも狩人の~
狙いも~の

でも~その~と~し~の~
クリスマス~の日~
傘下のオジサンは
言いました~

暗いよ道は
ピカピカの
お前の鼻が
よく目立つのさ!!

いっつも泣いてた~
トナカイさんは
今宵こそはと
よろめきまし~た

子供は見ちゃダメwww。だから父ちゃん母ちゃんがプレゼントを置くんですね。
[PR]
by santaotarti | 2005-12-24 14:38 | どこかから

金曜嘘日記

今日は起きてまず顔を洗う。水で洗ってばっかだから今日は「餅」で洗おう。
ゴシゴシ、チャプチャプ・・・・・・・・・・ネバネバベタベタ・・・・・ウッ、鼻に餅が・・・・・息が・・・・できん・・・・・。

目が覚めると前には大きな川がある。あっ、ここは三途の川かもしれない。向こう岸で誰かが呼んでいる。なんだか向こう岸に行きたくなってきた。しかし、惑わされるな。このまま向こうへ行ったら帰って来れなくなる。よくよく目を凝らしてみれば全然知らないオッチャンやオバチャンが呼んでいるではないか。

「ターティー!あんたの好きなキムチ漬けてあるよー。」オバチャンが言う。
「ターティ!お前の好きなルービックキューブ3個用意してあるぞー。」オッチャンが言う。

いや、好きでもないし、全然しらんしなぁ。今度はキリンがでてきたぞ。

「ターティー!あの時世話になった俺、キリンです!!」

だからしらんって。キリンの横には海賊がいる。

「ターティー!!財宝の地図どこに隠した!おんどりゃぁ!」

「あっ、それならタンスの下から2段目のパンツんところ!!」適当にごまかす。
次に出てきたのはふんどし一丁の力士。

「ターティー!!さ、さむい、この格好冷えるっ!!」

知るかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
関わるなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。


手に拾った石を投げる投げる投げる。飛ばす飛ばす飛ばす。石がどんどん柔らかくなってきた。石が手にくっつき始めた。うぅぅぅ!これは!!餅だぁぁぁぁぁぁ。

飛んだ餅はそれぞれの鼻と口にくっついた。
オッチャン「息が!」オバチャン「息が!」キリン「息が!」海賊「息が!」力士「冷える!」

力士はやっぱおもろい!!意識が戻ってノートに「力士はおもろい」と書き留めた。今日はこれから何しよう?
[PR]
by santaotarti | 2005-12-23 18:18 | ゼロ次元から

木曜本当日記

e0057458_17111674.jpg

どてぇ~~~~~~~。土手に行きました。このくそ寒い中なんか行ってみようと思いました。(何となく綺麗じゃありませんかこの写真)
帽子、マフラー、手袋、パーカー2枚、靴下着用して向かいました。いざ着くとやっぱりガタガタ、プルプル、震えだしましたw。でもちょうど夕焼け空。
e0057458_17152424.jpge0057458_17155745.jpg
チャリンコをひとまず投げ出して笑、夕焼けをパシャリ。ガタプルしながらも「あっ!!」と気づきました。僕の大好きな王様がいた。
e0057458_17222990.jpg

そう、富士山がいらっしゃった。多少の雲の部下を従えて。
陛下は裸なのにいつも素敵でいらっしゃる。でも今日は夕焼けという洋服をお召しになって一層上品でございます。」そう言うと陛下は

うむ。くるしゅうない、眺めぃぃぃぃ!!!
と、おっしゃたので眺めた(笑)。ガタプル度はどんどん増してくる。ここで、行く途中に買ったちっちゃい缶のビールを開ける。明らかに失敗だったがグビッと飲んだ。水みたい。眺め終わって土手に寝転がる。足が寒さで勝手にパコパコ開く。俺今ならパチンコ台のあのパコパコ開くトコの代わりができそうだ。「56番台スタートしました。」(こんなアナウンスだったけ?)あっ、でも俺ちんちんついてるから無理だ(・・・)

草むらに転がってるとふと自分の帰れる家って何コあるっけ?と思う。今の家と、実家と兄ちゃんの家と弟の家(兄弟のはもちろん賃貸だけど)。5コもあるなぁ。贅沢だなぁ。俺が今ホームレスだとしてここに座っていたとしたら・・・・。
ビュ~!!風が吹き付けて思考はここでストップ。

感傷に 浸らせないぜと 冬の風  ターティ

一句詠んだところで記念撮影
e0057458_17442488.jpg

おもわずピースサインを手にしたサンタオターティでした。ガタプルガタプル・・・
[PR]
by santaotarti | 2005-12-22 17:51 | 平らな日から


ヒッピー漂流教室から


by santaotarti

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山から
爆発者から
ターティギャラリーから
美術館から
首都から
106号室から
深夜の窓から
魔の巣から
朝から
ゼロ次元から
記号から
家族から
仕事から
他人から
平らな日から
喫茶店マスターの手記から
ヒッピーの種から
嘘八百から
どこかから
白昼夢の調べから
4コマ教室から
詩から

以前の記事

2011年 07月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

お気に入りブログ

隣のドアへ

最新のトラックバック

Animal sex t..
from Animal sex tub..
Celebrities ..
from Free nude cele..
Zoloft overd..
from Zoloft orgasm.

ライフログ

千原兄弟のDVD

プロペラを止めた、僕の声を聞くために。


バッファロー'66


金字塔


宇宙


ファミコンミニ レッキングクルー

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧