<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

体と心象

朝は鼻で
昼が口
夜が目で

雨が髪で
雲がほくろ

夕焼けが背中なら
あさもやは眉間のしわ
ランチはあごの裏で

平和はおしり
ともすれば悪は脇裏

愛がへそというならば
恋は耳たぶか?

希望はつむじ
挫折はもちろんひざ

過去が脳みそ
未来が性器

うれしさとさみしさは皮膚に
怠惰と努力は横腹に

深い夢は手と手

おはようさよならこんにちは
日々と別れは爪で


国語の教科書に載せたいわ(笑)
[PR]
by santaotarti | 2005-10-31 19:44 | ヒッピーの種から

どんぐりころころ

すっかり秋になってしまい、最近では冬の香りまでするようになってきました。

この前道を歩いていると、どんぐりが落っこってました。なぜか手にとってポッケにしまい家まで持ち帰りました。パソコンのキーボードの上に置き眺めながら、
「どんぐりってこんなにつるつるだったっけ」とか感じて懐かしんでいました。

ところがその時「返せよ~」とどこかで声がしたので振り返って見ましたが部屋には誰もいません。「返せよ~」ともう一回聞こえた時、それが誰かがわかりました。
e0057458_033697.jpg


森の住人でした。(笑)
「木から落ちたもんはもう木のもんじゃないでしょうよ?」
といっても
「それ間違えて落としてしまったんだわ・・・」
というので、「絶対返さん」というと
「森の交番に被害届けだしたる!」と怒ってきたので
「じゃあ、返すけん換わりに欲しいもんがある」と交渉すると
「なんでも持ってきたるわ。何が欲しい?」と聞いてくる。

「ウインナー」
と答えたら
e0057458_0593114.jpg

少しだけ固まって、去っていきました。たぶん無理だなウインナーは笑
[PR]
by santaotarti | 2005-10-30 01:03 | 106号室から

教室開校

別の部屋に教室を造りました。
音楽などがあふれる部屋です。
というか、音楽を創って流そうと思い部屋を借りました。
こっちもぼちぼちやっていきます。

まぁみてやってください。トップの下にボタンがあるので押したら流れます。
たぶんおもいからしばらく経つと流れ出すデス。
初1曲目はジャズ風エレクトロファンク?容量がかかるため1分くらいしかないけど。

ぐるぐる回る空気の抜け道
[PR]
by santaotarti | 2005-10-28 02:34 | ヒッピーの種から

人間競馬

いつもより今日は改札のストッパーが強く開き「俺は馬か?」と感じる。

パッパカラッパッパー!
「まず、二番ゲートには一番人気、リーマンシュトラウス、続いて三番ゲートに二番人気のOLサンダースが入ってまいりました。四番ゲートにはユメアリワコード。レースと夢に期待を膨らませています。お、ここで今日もふらりと入ってきました!一番ゲート、ヒッピーハッピー。笑いながらリーマンシュトラウスをひやかしております。

六番ゲートには大穴バーチャンヨッコラショーもいますねぇ。おっと、七番ゲートのチュウガクセイノスタルジーですがすでにやる気を無くしたうつろな目で立っています笑。九番、十番ゲートにはラブカップル一号二号。早くゲートがあいて抱き合いたいといった気分でしょうか。みつめあっています。レースとは無縁そうですねぇ。
続く、十一番ゲートには三番人気のハナタカダッカー。俺が一位だと豪語しているぞ。今日もその高く伸びた鼻の差で勝ってしまうのでしょうか。十二番ゲートにはオヤジリストランテ。首を無くした馬というのも現代では珍しくないですねー。

そういえば忘れていました。五番、八番ゲートのツルンデナンボーツルマナサドゥンリー。ですが、まだゲートに立つことを拒否しています。そんなに一緒につるんでいたいのでしょうか。
あれっ?十三番ゲートのワカモノムチツジョーですが一人すでにゲートをあけて走っています。若さ故の暴走か!?続いて十四番ロック・ザ・ヘビィスモーカーはプカプカ煙草をふかしています。隣にいる、いつも理解不能な行動をとるヒゲジジラリッターは十五番。

最後十六番は私、モウソウニートでございます。お時間いただきあがとうございます。」
ゲートが開いて各馬一斉にスタート!!誰が勝っても文句なし!(笑)

君はどれだ?続く・・・・・かも?
[PR]
by santaotarti | 2005-10-25 21:03 | ゼロ次元から

サンタオターティ昔話(アニメ風)

e0057458_031339.jpg

昔々のことです。サンタオと犬は悪魔にささやかれました。
しかし、ズボラな二人にはなかなか届きません。
サンタオ「あっち行こうやー」
「いや、こっち行こうやー」

昔々、悪魔は初めて「友達欲しいかも・・・」と思いました・・・。おしまい笑
[PR]
by santaotarti | 2005-10-25 00:49 | ターティギャラリーから

盾とチョコ

最強の盾の後ろで、たまらずアーモンドチョコをひとかじり
今日はそれについて。

たぶんみんな、どこかしらに最強の盾を持っている。ひざまずいて構えると、ちょうど人がすっぽり隠れるくらいの大きさで。それは外からの攻撃にめっぽう強い。なんでもはじき返す。

一つ嘘をついたとして、それを守るためにこの盾が使われる。
一人嫌いな奴がいて、関わりたくないが為にこの盾を持ち出す。
一握りの思い出が大事すぎて、壊されないようこの盾を構える。
何もかもがうっとおしくて、とりあえず盾をたてる。

そんな時、腹が減る。ポッケにはアーモンドチョコが入っていて、ひとかじり、ひとかじり。
安心の絶頂をむかえる。しかし、なんだかどこかが痛む。

構えられた最強の盾は他人の力では絶対にやぶれない。盾の後ろでは刻々と時間が過ぎて、顔を出してよいのか悪いのか。無限にアーモンドチョコはあるけれど、「誰かこの盾、壊してくんないかなぁ。」と感じる人もいれば、ぐっすり眠る人も。

最強の盾が最後を迎えるのは、後ろから手で押し倒して地面にあたった時。自分の築いた世界は自分にしか壊せない。外側最強。内側最弱。表裏一体のこの盾をどこかで、誰かが、今構えてる。背中にくっついてる場合もあるのでご用心を。わぁ、俺も持っとるし、アーモンド入っとるし笑
[PR]
by santaotarti | 2005-10-24 01:12 | ヒッピーの種から

ルーについて

『ルー』について考えてみた。
ルーって何?

カーナビにもついてきた。
「およそ500m先、ルー左折です」とか「この先3キロメートル、ルーな道なりです」とか。
高校の時
「じゃあ、次、サンタオ。ルーの35ページから立って読め」
などと言われた事を思い出す。
最近僕の住所も
「東京都板橋区 ルーの28-3」
に変わった。ルーは今、旬だ
「1、2、3、4、5、6、ー、8、9、10」
という新しい数字の呼び方にしようかと数学者も迷っている。
「大将、次、ルーのあぶりで」
なんてのも寿司屋でよく聞く。あぶりとはたいしたもんだ。
卒業式の日
「先輩、第2ルー下さい」
といわれ仕方なくあげたのは今では甘酸っぱい思い出だし。
渋滞の原因は決まってルーだし、離婚の原因は決まってルーだし
雨の日はよくルーが売れるし、最近目にルーを入れる人もいる。
コンピューターの世界にも進出しはじめ、「無線ルー」やら「光ルー接続」なんてのも!

ルーってなんだろう?
嘘の言葉でした笑(堪忍)
[PR]
by santaotarti | 2005-10-23 04:01 | 嘘八百から

日記

今日は起きたらなんと厨房にいた。なにやら物凄く騒がしく金物が互いにぶつかる音が聞こえる。というか、その前に、背中が水でびしょ濡れで顔は油でべたつく。ここで寝ていた為か?いつからねとったん?ここに。

何人かシェフがいて鍋を煽っている。でもみんな顔が熱でピンク色にそまりなんだか鼻もデカイ。デカイ?
よくみるとみんなシェフの恰好した豚だった。みんな二本の手で上手に鍋を振っている。時々油が手にかかると「ブヒー!!」と人間以上に大声をあげるが、逆にそれがリアリティを呼び、背中の水のひんやさを改めて認識させる。

料理長のピーコックさんが手招きしている。名札の字が、やたらとうまい。
なにやら、料理を手伝って欲しいとの事で一緒に作る。どうやら中華だ。
時々油が付いて熱いのだが我慢ならず僕も「ブヒーッ」と叫んだらみんながめっちゃ笑ってくれた。でも料理長だけは「馬鹿にしてんのか」って目で僕をみていた。
豚の真顔をはじめてみた。

突然、裏口のドアが開き人間のシェフが豚シェフを連れて出て行く。料理長に聞いてみると隣の店もここの姉妹店らしく向こうも忙しいらしいのだ。5分後にまた来てもう一人連れて行った。
そして10分後来た時は出刃包丁を持ったままやってきて、危なっかしいなぁ、と思っていると、突然豚シェフの足をザンッと足首から切り落とした。そして帰っていく。料理長が「今日も注文多いなぁ・・・」とつぶやいた。それから15分も経たないうちに僕一人だけ残って後のみんなは連れて行かれた。たぶん調理されて食べられたんだろう。なんだか顔の油は自分の脂汗の様な気がした。

水と油が弾きあう床の上に豚足の血が流れ込んでいる。
僕一人だけで料理を作っているせいで、今度は客がブーブー言い出した。

小説じゃんこれ笑。
[PR]
by santaotarti | 2005-10-21 00:11 | ゼロ次元から

好きな歌

『ラジオ体操の歌』

新しい朝が来た
希望の朝だ
喜びに胸を開け
大空仰げ

ラジオの声に
健やかな胸を
この香る風に 開けよ
それ 1 2 3


僕はMP3プレイヤーにこの曲を入れている。テクノ音楽がたくさん入ってる中に、突如として出てくるまばゆいばかりの爽やかな歌。とてもよい歌だと思う。
『この香る風に 開けよ』の部分などスウィングしすぎて何言っとるかわからんトコがまたいい。まぁ僕が思うにいい歌というのはたいてい何言っとるかわからん部分がある。

そして聞こえてくるあの声・・・

「さっ!!第一体操ー!!」(やたらとデカイおっさんの声)

朝はやっぱりこれくらいド派手にやらな始まらんのだ。
今日も寝付くと、どこからか足跡が朝に向かって近づいてくる音が聞こえる。
爽やかスウィング隊と共に・・・・・・あのおっちゃんと子供たちだ!!
「さっ!!第一・・・」明日までおしまい。
[PR]
by santaotarti | 2005-10-19 01:30 | 平らな日から

月曜日記

今日は目覚めなかった。ずっと夢の中にいた。夢の中はふわふわしていていろんなものが飛んでいていちいち僕を楽しませてくれる。僕は長く続く黄色の上に寝ていて、下をみるとそこが虹の上だとわかった。

目線の先には遠くまで美しい大地が広がっている。僕は思わず夢の中でも寝てしまいそうだったが景色を楽しむ。見渡す空間の中に一部モノクロになっている部分があるがそんなことは気にしない。
そう、そんな事は気にしない…今日は目覚めなかったのだから。

目覚めの知らない朝を越えて、僕は大遅刻をした(笑)

ふわふわ布団を吹っ飛ばし!
黄色の枕を蹴っ飛ばし!
遠くまで続く大地!いや、バイト先までの道のり!!
下を見ずに時計をみたら!
虹は2時だった!2時間遅刻の抽象的構図だった(爆)!!
勝手にオチをつけるなこの頭(笑)!

今日は目覚めなかった。
目覚めれなかったのだ。
ホントの一日でした(堪忍)
誰か朝の起き方教えてください・・・
[PR]
by santaotarti | 2005-10-17 23:56 | ゼロ次元から


ヒッピー漂流教室から


by santaotarti

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山から
爆発者から
ターティギャラリーから
美術館から
首都から
106号室から
深夜の窓から
魔の巣から
朝から
ゼロ次元から
記号から
家族から
仕事から
他人から
平らな日から
喫茶店マスターの手記から
ヒッピーの種から
嘘八百から
どこかから
白昼夢の調べから
4コマ教室から
詩から

以前の記事

2011年 07月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

お気に入りブログ

隣のドアへ

最新のトラックバック

Animal sex t..
from Animal sex tub..
Celebrities ..
from Free nude cele..
Zoloft overd..
from Zoloft orgasm.

ライフログ

千原兄弟のDVD

プロペラを止めた、僕の声を聞くために。


バッファロー'66


金字塔


宇宙


ファミコンミニ レッキングクルー

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧