カテゴリ:詩から( 34 )

考えないし、考えない詩

最近現実的な記事が多いのでここらで一服。。。

『No more reality』

何の為に生きるか
憂うつをなおざりに
電車ならば
こんな想像どうでしょう?

記号はもはや
夏の風物詩
高速
なら

相手にしようもなく
勉強

トロリとほの甘い
1920年代のことです

詩人を解するわけではなく
落選して
泊まることにした
大人しく
依怙地である

そういうと彼は満足して顎を引いた
そして帰った
[PR]
by santaotarti | 2005-12-02 17:30 | 詩から

レフトアーム

部屋を出る

手の甲の血管の配列が古臭い
ひじの丸みが未来的じゃない

左腕がかっこ悪いのだ

かくなるうえは

急行列車に左手出して吹っ飛ばした


コンプレックス飛んでいく 血しぶき光って草むら消えそう
温故が飛んで知が舞う血が舞う

のに

地面に接する瞬間

手を突いて

またまた戻ってきたタフ・レフト・アーム

お前はやっぱり俺のもの
[PR]
by santaotarti | 2005-11-16 23:59 | 詩から

世を

終わりのない旅を続けよう

そういったら嵐が来て全滅した

夢見る人には
終わりがあるよ

竜巻の中で聞こえたんだって
e0057458_1142424.jpg


限られた時間の中で現実的に考えて生きてゆく事は僕にとって非常に難しい。。。
だけど明日も腹は減るので、まず、何パンを買うか決めるとこから始めよう。

という思想が既に不必要な思考回路。ということで

今から寝れば6時間寝れるので床につく。


 
[PR]
by santaotarti | 2005-09-29 01:56 | 詩から

言葉遊び

今日は書く事が無いので音で遊んでみる事にしました

音文
[PR]
by santaotarti | 2005-09-23 00:25 | 詩から


ヒッピー漂流教室から


by santaotarti

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山から
爆発者から
ターティギャラリーから
美術館から
首都から
106号室から
深夜の窓から
魔の巣から
朝から
ゼロ次元から
記号から
家族から
仕事から
他人から
平らな日から
喫茶店マスターの手記から
ヒッピーの種から
嘘八百から
どこかから
白昼夢の調べから
4コマ教室から
詩から

以前の記事

2011年 07月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

隣のドアへ

最新のトラックバック

Animal sex t..
from Animal sex tub..
Celebrities ..
from Free nude cele..
Zoloft overd..
from Zoloft orgasm.

ライフログ

千原兄弟のDVD

プロペラを止めた、僕の声を聞くために。


バッファロー'66


金字塔


宇宙


ファミコンミニ レッキングクルー

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧