カテゴリ:詩から( 34 )

選べるカラー

アイドルオタクも
電車マニアも
ブランド女も
昆虫博士も
洋服好きも
ヘビードランカーも
あの歌手のファンも
その歌手も
テレビ漬けの主婦も
ホントは全部気持ち悪い

あのアイドルが
あの電車が
あのバッグが
あの虫が
あのジーパンが
あの酒が
あの歌が
あのマイクが
あのドラマが

誰かを煙たがっても
十分君も
その中のシリーズの一員で
選べるカラー16タイプの
例えばレッドとして
クールに振る舞うが
それは選べるレッドカラー16タイプの中の
クールワインレッドでしかない
そういう意味で
「正常って何?」を
問いたい今日は9月の1日
[PR]
by santaotarti | 2007-09-01 08:14 | 詩から

宇宙の子供

太陽のようなあたたかい心で
森のようにたくましい体で
そよ風のような風情をした
水のように心地よく透明な存在

それはそれは素晴らしい

鉄のようにつめたい心で
コンクリートのように騒々しい体で
排気ガスのような風情をした
水銀のように重く不透明な存在

それも同じく素晴らしい
僕達はいろいろと冒険するのだ
宇宙の子供として

水平リーベ僕の船
なあ曲がるシップス クラークか
さあスクラップの小惑星郡を抜けて
オールトの雲を越えろ

例え特異点を迎えて収縮が始まっても
この世でほんの少しのいたずらをしたかっただけ
目的なんてない
うれしいもかなしいもみんな君に還って
いつか消えてくれるさ
[PR]
by santaotarti | 2007-08-07 01:57 | 詩から

パンタントンロリン

超欲情タイプのシーラカンスが
生意気に歯ぎしりをして
台所を泳ぎ回る

居眠りで目覚めたら
セロファンテープの土台にて
滑り落ちてギザギザに削り取られる

やさしくして
最後にあざむかれたら
茶巾で包み込む

ムーヴィング
アメィージング
パンタントンロリン

宅急便の速達に
紛れ込んで旅に出て
通風口から海に出る

覆面狂のシャイボーイが
鏡を探して
天国と地獄を反復横飛び

肛門だらけの
地面を歩いて
おならで飛ばされ
頭から突っ込む

ムーヴィング
アメィージング
パンタントンロリン
ストッピング
ラムネスワッシュ
パンタントンロリン
[PR]
by santaotarti | 2007-08-02 01:59 | 詩から

リンゴを取りに行く手は
今日の洋服を取りに行く手より赤く

切符を取りに行く手は
ドアを開ける夕方の手よりもせわしない

さよならと言う手は
おはようと言う手よりもさみしく

顔を洗う手は
灯りを消す手よりもつやめいている

誰かに触れる手は
洗濯物を取り込む手より不器用で

悔しいと握る手は
今日の体を流す手よりも赤い
[PR]
by santaotarti | 2007-07-31 00:14 | 詩から

5つの連想詩

「愛」
耳かきされて
でっかい愛がとれたそうな
気持ちいいけれど
それ自体は気持ち悪い
くぼみから
今にも溢れんばかり

「神といなり寿司」
神の主食はいなり寿司で
油っぽくなった手を
あらゆる翼で拭いた為
羽のある生物は雨を弾く
そしてちょっとイナリ臭い

「綺麗なセックス」
子宮が海で
精子がレインボー色
その上をコウノトリがハイハイしていく
空はもちろん私達で
焦って真っ青だったり
燃えて夕日色だったり

「ムササB」
ムササBは高く飛ぶ
ムササFはもっと高く飛ぶ
ムササZは高すぎて見えない
けれどある種終わっているだろう

「幸福」
幸福は輪から生まれる
心の輪を広げよう
それでもどうしようもなくなった時は
その輪に首をかけて
みんなで首つり
それもまた
幸福でしょう、みんなとなら
なんちゃって
[PR]
by santaotarti | 2007-06-27 10:16 | 詩から

あのねのね

あのね いつの「ね」? 昨日の「ね」
あのさ いつの「さ」? 明日の「さ」
いいね わるいね 「ね」の善し悪し
いいよ わるいよ 「よ」のランキング

いいか、君はさ あなたが言う
良い「か」 僕は「さ」 僕思う
いい「か」に昇進できるのいつだろう?
僕はまだ普通の「さ」

ぐりとぐら
えっとねぇ
トムとジェリー
きっとさぁ
「きっ」は「さぁ」を
追いかけ回す

よいしょ!!!
の「しょ」は
相当興奮してしまうくらい
よい「しょ」だ
いつもの「しょ」なら
あんなに声、高ぶらない
あぁ~よいしょ!!!!

確かに
の「に」
あまり自信がないと
確かほ とか 確かぐ
になる
流石に
の「に」は
頼りになる

あいつに しかえしする
「し」か「えし」する
「し」してやろうか
「えし」してやろうか
よしっ!「えし」してやろう

言葉の遊び
あのねのぞ!
[PR]
by santaotarti | 2007-06-26 04:22 | 詩から

数字の育て方

1をひん曲げる
2になる
2をさらにひん曲げる
3になる
もっとひん曲げる
折れた
4になる
かまわずひん曲げる
5になる
なめらかにしてみる
6になる
上っ側の先持って振り回す
7になる
手を離してみる
丸まって8になる
切ってみる
9になる
切った方、隣に置いてみる
10になる
短い方、やっぱ捨てる
0になる
捨てた方、誰か拾う
1になる
[PR]
by santaotarti | 2007-06-26 03:11 | 詩から

縄文人

縄文人の事を考えながら
飯を食う
ごちそうさま

縄文人の事を考えながら
ぞうりを履く
いってきます

大きなヘッドフォンで
良い音楽を聴く
そして
縄文人の事を考える

会話の途中で
ふと沈黙になり
仕方なく
縄文人の事を考える
「ねぇ、今何考えてた?」

眠る間に
縄文人の事を考えながら
目をつむる
おやすみなさい

縄文人に
夢で会う
はじめまして
[PR]
by santaotarti | 2007-06-16 05:13 | 詩から

日々は

日々はティッシュペーパー
箱から出されて何かと結合して
混沌としたゴミ箱へ

真っ白ではいられない
くっつく為に抜き取られ
押しつけられ
濡れるか汚れるかして
さらば さらば さらば

それでも
整然として待っている
連鎖のティッシュペーパー

全ての僕は
いつ・どこで・だれに・なにで
くしゃくしゃにされようと
昨日の貯まるゴミ箱の
いちばんてっぺんと
明日の重なるティッシュ箱の
いちばんてっぺんで
生と死を繰り返している

汚れを取る為に
生まれてくる様子は
少し笑うが

いつか空っぽになって
最後に残るのは
棺桶みたいな
カラフルな箱
[PR]
by santaotarti | 2007-06-16 04:56 | 詩から

一線の線

地球が一回転
僕は一線を越えられない
地球が7回転
まだ僕は一線を越えられない

時間のグラデーションに
瞬く光のストロボ現象
地球が8回転半
もうそろそろ眠くなる時間だ

重力に掴まって
重力に捕まる
渦巻く大気圏の果て
空気のグラデーションに
袖が引っかかった

地球が10回転とクウォーター
しかし僕は一線を越えられない
明日へ行くのに制限はないけれど
月が笑ってみてやがる
[PR]
by santaotarti | 2007-05-17 05:44 | 詩から


ヒッピー漂流教室から


by santaotarti

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山から
爆発者から
ターティギャラリーから
美術館から
首都から
106号室から
深夜の窓から
魔の巣から
朝から
ゼロ次元から
記号から
家族から
仕事から
他人から
平らな日から
喫茶店マスターの手記から
ヒッピーの種から
嘘八百から
どこかから
白昼夢の調べから
4コマ教室から
詩から

以前の記事

2011年 07月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

お気に入りブログ

隣のドアへ

最新のトラックバック

Animal sex t..
from Animal sex tub..
Celebrities ..
from Free nude cele..
Zoloft overd..
from Zoloft orgasm.

ライフログ

千原兄弟のDVD

プロペラを止めた、僕の声を聞くために。


バッファロー'66


金字塔


宇宙


ファミコンミニ レッキングクルー

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧