輝き

人は輝いている時が一番美しいと言うけれど、太陽の輝きを直に見ると10秒も見ていられない。本当に輝くというのは「誰もが目を背ける」事でもあると思う。
雲や空気の濁りが架かって初めて美しく見える。人も同じだと思う。
死んだ人が賞賛されるのもその時輝いた光が光年を経て僕等の目に程良い距離になったからだと思う。逆に言えばその時誰もが安心してみていられる輝きなんてものは時を経て屈折に沈んでいく。

太陽はとてもポジティブなイメージがあるが、こう考えるととても可哀想な存在でもある。その本当の輝きを直に見てくれる人は誰もいないのだから。だから真に輝くほど孤独なのかも知れない。

こういう風に最近はよく宇宙を人や生き方に置き換えて考えてみることが多い。そうすると、「つくづく生命は星に似ているなぁと思う。」ある程度の軌道があって(会社員は家→会社→得意先→家。主婦は家→スーパー→公園→家。おじいさんは家→病院→土手→家みたいに笑)そこをグルグル回りながら衝突や惹かれ合いを経て新しい銀河(家庭や集団)が出来ていくんだなぁと。けれどあまり破壊し合わない為の不思議な均衡が保たれつつ廻っているなぁ、と。
[PR]
by santaotarti | 2007-07-26 05:21


ヒッピー漂流教室から


by santaotarti

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山から
爆発者から
ターティギャラリーから
美術館から
首都から
106号室から
深夜の窓から
魔の巣から
朝から
ゼロ次元から
記号から
家族から
仕事から
他人から
平らな日から
喫茶店マスターの手記から
ヒッピーの種から
嘘八百から
どこかから
白昼夢の調べから
4コマ教室から
詩から

以前の記事

2011年 07月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

お気に入りブログ

隣のドアへ

最新のトラックバック

Animal sex t..
from Animal sex tub..
Celebrities ..
from Free nude cele..
Zoloft overd..
from Zoloft orgasm.

ライフログ

千原兄弟のDVD

プロペラを止めた、僕の声を聞くために。


バッファロー'66


金字塔


宇宙


ファミコンミニ レッキングクルー

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧