いざとなる

秋・・・・・。
秋になったと最近はつくづく感じる。空気の抜けてる感じや匂い。
季節の匂いはすごく好きで元気をもらうと同時になんか切なさも感じてしまう。

存在について一言偉そうに思うこと。

どこにも当てはまらないとは 形を持たないと言うこと。
形を持たないと言うことは いざとなれば どこにでもあてはまっていける形を持てるということ。
で、
人の心は 形こそ持っていないけれども 誰かの体に一応あてはまっている。
時間も同じように 形こそ持ってないが そこに自分(他人)があてはまることによって形づくられる。
存在は本当はうやむやの空気がそれぞれに振り当てられているだけで
風がトンネルを抜ける その形に切り取られる一瞬は、いわば何かにあてはまっている瞬間というだけで。
ならば、
いざとなれば 誰もが宇宙の中でどこにでもあてはまれる能力と自信を
自然にもっていていいはずだ。何事にもあてはまれて、捉われない存在でいいはずだ。
と、思うのです。
死んだら灰(またはカス)になってそのカスは風で流されて、風は見方によっては、小さなチリが動いている物体なのだから
生命、物質は風と同じようなものだといってもいいんでないかい?
と感じてこの文に至る。
つまりは、もっと「広い心を持てよ、いざとなればと思って過ごせよ」と、自分に言い聞かせている自分宛の手紙になってしまった(笑 
[PR]
by santaotarti | 2005-10-10 01:08 | 首都から


ヒッピー漂流教室から


by santaotarti

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山から
爆発者から
ターティギャラリーから
美術館から
首都から
106号室から
深夜の窓から
魔の巣から
朝から
ゼロ次元から
記号から
家族から
仕事から
他人から
平らな日から
喫茶店マスターの手記から
ヒッピーの種から
嘘八百から
どこかから
白昼夢の調べから
4コマ教室から
詩から

以前の記事

2011年 07月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

隣のドアへ

最新のトラックバック

Animal sex t..
from Animal sex tub..
Celebrities ..
from Free nude cele..
Zoloft overd..
from Zoloft orgasm.

ライフログ

千原兄弟のDVD

プロペラを止めた、僕の声を聞くために。


バッファロー'66


金字塔


宇宙


ファミコンミニ レッキングクルー

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧